角質粒 首イボ

そのブツブツは角質粒?首イボ?クリアポロンで解決!

 

 

顔や首にできた小さいブツブツ。

 

ひょっとしたら角質粒や首イボかも知れません。

 

それならクリアポロンで少しずつ取ってしまいましょう。

 

 

クリアポロンを使うメリットって何でしょうか?

 

そして、角質粒と首イボの共通点と違いは何でしょうか?

 

 

 

 

角質粒・首イボを聞いたことはありますか?

 

 

角質粒というのは、俗称です。

 

最近は、首にできる薄茶色のブツブツを
「首イボ」と表現する方も増えました。

 

 

皮膚科へ行くと

 

「脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)」とか

 

「老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)」

 

 

と説明する医師もいます。

 

 

クリアポロンは薬ではないので、
医者の処方は必要ありません。

 

 

公式サイトからクリアポロンを手に入れることができます!

 

 

 

>>クリアポロン公式なら♪

 

 

 

 

色は肌色から褐色・黒色で、
直径1ミリもしない小さなものから
直径2〜3ミリのものまで、色や大きさはさまざまです。

 

 

老人性疣贅の名前が示す通り、
皮膚の老化に伴ってできると言われていますが、
20代でできる人もいるので要注意です。

 

 

皮膚の角質層の角化による腫瘍です。

 

「腫瘍?!手術が必要なの??」と心配になりますが、
腫瘍と言っても「良性」なので心配ありません。

 

 

放置しても問題はありませんが、衣服がこすれてヒリヒリするとか、
見た目が気になる!という理由で、
「角質粒を取りた〜〜い!」と思ってしまいますよね。

 

そんな時こそ、クリアポロンの出番です。

 

 

角質粒も首イボも、見た感じは「イボ」のように見えますが、
ウイルス性イボと区別しにくいものもあります。

 

 

ウイルス性イボというのは、
名前の通り、ウイルスを介してできるイボのことです。

 

 

このウイルス、実はどこにでも存在しています。

 

 

それではウイルス性イボができる人とできない人の違いはあるのでしょうか?

 

 

ウイルスは、傷口から入り込み、イボができてしまいます。

 

 

つまり、日ごろからスキンケアをして
小さな傷を発見したら手当することが、ウイルス性イボを防ぐ手段です。

 

 

もうひとつは、風邪をひいたりして免疫力が落ちているいる時に、
傷口からウイルスが感染することがあります。

 

 

ちょっとひっかき傷があるくらいで
「ウイルス性イボがうつっちゃう!」と慌てることはありませんが、
免疫が落ちた時は気を付けましょう。

 

 

ウイルス性イボは、手足の指にできることが多いです。

 

子供さんがプールで水いぼをもらってきた!

 

という話をきいたことはありませんか?

 

 

水いぼは、典型的なウイルス性イボの例です。

 

 

ウイルス性のイボにはクリアポロンは
残念ながら効果はないので、そこはお気をつけください。

 

 

 

>>クリアポロンの詳細なら♪

 

 

 

 

 

 

 

角質粒・首イボ 3大原因

 

 

何故、角質粒や首イボができてしまうのでしょうか?

 

原因は、意外と身近なところにありました。

 

 

1.紫外線

 

2.外部刺激

 

3.新陳代謝の乱れ

 

 

紫外線が角質粒や首イボの原因に?
そうなんです。

 

実は、紫外線が原因でできるシミ。

 

 

このシミが角質粒や首イボを作る元になっていたんです。どういうことでしょうか?

 

 

 

紫外線を浴びた肌は、メラニンを生成して、
肌を紫外線から守ろうとします。

 

このメラニンも、いつかは垢となって落ちる・・・
はずなのですが、これが垢となって落ちてくれないことがあるんです。

 

 

その原因は2つ!

 

1.新陳代謝の衰え

 

2.継続的に紫外線を浴びてしまう

 

 

 

垢となって落とす作業が追い付かないと、どうなるのでしょうか?

 

その垢の行方は、表皮にシミとなって残るんです。

 

シミが角質表面まで来ても、はがれずとどまるうちに、
角質層が厚くなり、肌の表面が硬くなり、そして角質粒ができてしまいます。

 

 

 

 

角質粒・首イボ 除去した〜い!選択肢は4つ!

 

 

1.炭酸ガスレーザー

 

 

メリットは、出血少ないということです。

 

炭酸ガスレーザーを照射された角質粒や首イボは、
1週間程度でかさぶたになりますが、
そこから先がちょっと長いです。

 

 

3〜6か月で皮膚が元に戻ります。

 

 

 

2.電気メスや通常のメスで切り取る 

 

 

2週間くらいで回復しますが、
切り取った跡がシミになりやすいので、
医師の指示に従い、ビタミンCローションを塗布するなどします。

 

 

 

3.液体窒素で取り去る 

 

 

最大のデメリット。

 

それは「一度では取れない!」ということです。

 

液体窒素をあてている最中は、
火傷をしたような痛みを伴う上に、病院を出て後も、
しばらくはジンジンと痛みが続きます。

 

 

その上、一度では取れないとは!

 

さらに、デメリットは続きます。

 

色素沈着の可能性が大!

 

 

 

 

 

4.ヨクイニンやあんずエキスなど肌再生を促すクリームでお手入れをする 

 

 

デメリットは、人により効果の出方に差があり、

 

「1週間で角質粒が取れた」

 

「一か月で首イボがぽろりと落ちた」

 

という人もいれば、3か月以上かかることもあります。

 

 

最大のメリットは、2つあります!

 

ひとつは、痛みが全くない!普段のスキンケアと同じです。

 

 

そして、もうひとつは、

 

角質粒や首イボが取れるだけでなく、周辺の肌全体がすべすべになります。

 

 

 

 

角質粒や首イボを穏やかに取り去るのがクリアポロン

 

 

紫外線、衣服やアクセサリーなどの刺激、

 

そして新陳代謝の乱れで、
角質粒や首イボができてしまっても、慌てる必要はありません。

 

 

痛みもなく、普段のスキンケアと全く同じ方法で使えるのがクリアポロン。

 

 

公式サイトから格安に買う方法があります!

 

 

 

>>クリアポロン公式で格安ゲット♪

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ